和歌山の名所投稿

有田市、紀文まつりの花火

Instagram更新しました。 eg. こんにちは。「想いをカタチに」 和歌山のカメラマン、写真屋・はれのひ工房の末藤(スエトウ)です。先日行われた有田市の紀文まつりの花火の写真です。狙った撮影場所に行くと先に来られていたカメラマンさんが「知り合いの場所だから大丈夫」ということで一緒に撮影させて頂きました。一番狙っていた場所は有田サンブリッジに立つ人の頭上に大輪の花火を入れれる場所だったのですが、川の下に降りれそうに無かったのであきらめて第2の場所に移動。その場所はベスト!と言える場所だったのですがクルマが近くに置けなかったので、あきらめて第3の場所へ。ここで仕事で来られていたという神戸のカメラマンさんと撮影させて頂きました。前はたしか、関係者しか入れないような至近距離に「撮ってもイイからそこから動かないでね」との事で撮影した覚えがあります。来年はもうちょっと有田らしい写真を撮れるように頑張ります。 – from Instagram

こんにちは。「想いをカタチに」 和歌山のカメラマン、写真屋・はれのひ工房の末藤(スエトウ)です。

先日行われた有田市の紀文まつりの花火の写真です。

狙った撮影場所に行くと先に来られていたカメラマンさんが「知り合いの場所だから大丈夫」ということで一緒に撮影させて頂きました。

一番狙っていた場所は有田サンブリッジに立つ人の頭上に大輪の花火を入れれる場所だったのですが、川の下に降りれそうに無かったのであきらめて第2の場所に移動。

その場所はベスト!と言える場所だったのですがクルマが近くに置けなかったので、あきらめて第3の場所へ。

ここで仕事で来られていたという神戸のカメラマンさんと撮影させて頂きました。

前はたしか、関係者しか入れないような至近距離に「撮ってもイイからそこから動かないでね」との事で撮影した覚えがあります。

来年はもうちょっと有田らしい写真を撮れるように頑張ります。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
Instagramからの投稿です。
他にも色々投稿しているのでぜひご覧ください。
Instagramwakayama_photo

スエシン

末藤慎一朗(スエトウ シンイチロウ)

和歌山生まれの和歌山育ちの水瓶座。
国立和歌山工業高専卒業後、機械設計やサービス職を経て30歳でライターに転職。
取材現場で撮影に対する考えを深め、「顧客の気持ちをくみ取った写真が撮りたい。」と思ってカメラマンに転身。
フリーのカメラマンに師事し、スタジオ撮影や結婚式場の撮影を経験して2010(平成22)年に独立、「写真屋・はれのひ工房」を設立。
撮影分野はWebサイトや商品撮影、料理・メニュー撮影、宣材・プロフィール写真、家族写真などを中心に多岐にわたる。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA