商品撮影

カタログや広告などの商品撮影は用途によってさまざまな演出が必要です。

また柔らかい服飾生地や硬い金属、中間の木製品など質感が伝わるように光りの質を変えて撮影します。

宝石やアクセサリーは「光りモノ」と言われて写り込みに工夫が必要です。



化粧品やドリンクなどの容器

化粧品やドリンクなどの容器の撮影は黒締めや光の入れ方で立体感や印象が変わります。

化粧品の撮影

自然から生まれた素材のみで作った化粧品なので自然を感じるように撮影

商品に合わせて印象に残るように撮影します。


食材の撮影
シューズの撮影
大型機械の撮影

車や工作機などの大きなモノの撮影まで豊富な機材と経験でお応えします。
また大型機械や車・バイクなどの撮影もお受けします。

晴れの日(ハレノヒ)を作るカメラマン/写真屋・はれのひ工房